桜子のときどき節約たまに子育て

節約も子育ても無理なくマイペース、たまに起きる我が家の事件について綴っていきます

【パート】給食の調理員を選びつづける理由は何?

f:id:setuyakukosodate:20180919123115j:plain

結婚出産で仕事を辞めて専業主婦になったはいいけれど、子どもが幼稚園や小学校に入ると時間に余裕ができます。と同時に思い描いた家庭生活を送るにはやっぱりお金が必要です。


年齢的に正職は難しそうだし、家事や育児を放棄できないし、それならば ”パート” に出るという選択をする主婦が多いのではないでしょうか。現に私もその一人ですから。


給食の調理員


私の住んでる地域では、幼稚園から中学校まで約7000食の給食を市の給食センターで作っています。調理員募集は常にしていて、毎月の広報で募集が途絶えることはありません。


誰でも一度くらい給食を食べた経験があり、イメージもわき易いパートです。また、小さな子どものいる主婦にとっては条件がいいはずですが、常に人員不足です。そこで、パートとしての給食の調理員のメリットとデメリットを考えてみます。


<メリット>

最低賃金よりもやや時給が高い。
・給食のある日だけ仕事なので子どもと休みが一緒になり、育児をしっかりしたいママには人気がある。
・急な子どもの病気でも、ママ本人の体調不良でも当日連絡で休める。(メール1つで休みOK)
給食費を自己負担で払うが、栄養バランスの良い昼食を食べれる。それに加え、出来上がった給食の試食もできる。
すっぴん、マニキュアなしが原則なので化粧品代がかからない。(眉毛も描いちゃダメ)
・年齢制限の上限が高く、地域によっては 60代後半でも働くことができる


f:id:setuyakukosodate:20181005104023j:plain

<デメリット>

・鍋や窯が大きいので肉体労働である。
腰痛になる。
・火傷や切り傷などの怪我をする危険がある。
・調理前、調理中に手の消毒を頻繁に行うので、手がガサガサに荒れて、ひび割れて出血が止まらないこともある。
・調理中の軽い怪我や火傷で通院しても労災扱いはしてもらえない
・毎日献立が変わるので翌日の工程表をかならず覚えて出勤する(衛生上、紙やペンの持ち込みは厳禁なので暗記する)
・給食の配送時間に間に合わせるため、調理時間は時間との勝負である。
・新人いじめが強烈すぎる⁉

給食の調理員を選び続ける理由は?


その主な理由は時給が高い、当日休みの融通が利く、座り仕事よりも体を動かす仕事が好きである、などです。でも最大の理由は子どもが休みの時にお世話がしたい、一緒に過ごしたい、これに尽きるんじゃないでしょうか。

f:id:setuyakukosodate:20181005104555j:plain

最後に


給食の調理員は私が子どもの頃に見聞きしたのとは全く違った職業です。お料理が好き、子どもが好き、では決して務まらない肉体労働兼人間関係の修行の場のようなものです。


とても大変なパートである給食の調理員を続けて家計を支えるママさんたちに、感謝とエールを送りたい気持ちでいっぱいです。では、また。

空いてる時間でしっかり稼げる

在宅・時短のお仕事はママワークス

ポチっと応援ボタンを押していただけたら嬉しいです
にほんブログ村 その他生活ブログへ