桜子のときどき節約たまに子育て

節約も子育ても無理なくマイペース、たまに起きる我が家の事件について綴っていきます

小学生の夏やすみの過ごし方~我が家の一日のスケジュール

f:id:setuyakukosodate:20180801105847j:plain

いよいよ夏休みの始まりですね。
今年は7/21~9/2まで、暦の関係でめちゃくちゃ長いです。子どもたちは喜んでいますが、母親である私は・・・です。

小学生の夏休み~母親ならではの悩み~

 
 まず、お昼ごはんが悩みのタネです。普段は学校給食で栄養バランス満点なのに私の用意する食事だけで40日間大丈夫かな?と毎年不安になります。夏休みの間だけはサプリメントも併用して子どもの体をサポートしてます。
 
setuyakukosodate.hatenablog.com



 次に、夏休みだからといってダラダラと過ごしてしまうのではなく、子どもたちにはメリハリのある一日を過ごしてもらいたいです。そこで、お兄ちゃんが1年生の頃より一日のタイムスケジュールを組んで毎年実践しています。高学年ともなるとすっかり身について、特にイベントなどがなければ普通に起きてスケジュール通りに行動します。やはり、家でもザックリでいいので起床からタイムスケジュールがあったほうが子ども自身が楽なようです。

1日のスケジュール

6:00 起床
6:20 朝ごはん(うちはラジオ体操がありません)
7:00 宿題および自宅学習用ドリル開始
9:30 ほぼ、終了
午前の自由時間⇒ゲームやビデオ視聴
12:00 お昼ごはん
12:50 児童館へ遊びに行く
17:00 帰宅、そして近所の公園へ
18:20 二度目の帰宅
18:30 夕ごはん
19:10 お風呂掃除
19:20 読書
19:50 歯磨き・入浴
20:30 就寝(イベントがあった時だけ夜更かしもOK)

午前中に宿題をする

 我が家の子どもたちは幼稚園の年中の頃より朝(登園前)に学習時間を設けていました。子どもは“朝学習はいつものこと”と思っているようですので宿題も当然その中でやります。「習い、性となる」ですね。ぜひ、この夏休みに習慣化して、子どもが自分から宿題をするようになったら大成功です。

夏やすみの予定

・学校のプール開放(うちの小学校は通学団別プール開放で、午前1回、午後1回のみ)
・出校日は7月に1回、8月後半に1回

夏やすみ中の外遊び

 日中は危険なくらい暑い日が多く、毎年熱中症にかかるうちの子どもには『外で遊びなさい』と言えません。暑さの落ち着いた夕方頃に公園に行くように促しています。(夏休み中の門限は18:30です)

夏やすみ中の家遊び

 お兄ちゃんと弟くんは仲良く遊ぶ日もあれば喧嘩する日もありますが、基本的には一緒に遊んでます。主にコンピューターゲーム・カードゲーム・ベイブレードなどです。時間がたっぷり取れるのでプラモデルを作る日もあります。また、漫画も大好きで何度も同じ本を読んでます。
setuyakukosodate.hatenablog.com

夏休み中のお手伝い

 お兄ちゃんと弟くんには普段の日から週三日ずつお風呂洗いをしてもらってます。夏休みの課題の一つにお手伝いをしましょうとあり、子どもたちは普段からやっているお風呂洗いをお手伝いカードに記入しています。

時々やるお手伝い

・植物の水やり
・洗濯物の取り込み・たたみ
・ゴミ出し
・布団をしく
・枕カバーの付け外し
・お使い(お駄賃付き)
お手伝いは始めは嫌がってましたが、家族で生活していく中では役割分担や協力はとても大切な事だし、もし私が倒れた時に家族が何もできないと困るから、と何度も伝えました。

子供とのスケジュールの確認

 夏休みの最初の日、宿題を終わらせる日と一日あたりの分量を話し合います。
・書き宿題(夏の日誌や漢字計算プリントなど)
・書写(毎年2枚あるので一度にやります)
・絵画(毎年2枚あるので一度にやります)
・工作(お盆休み中のパパが担当する)
私が楽をするためですが、書写と絵画はお兄ちゃんと弟くんには同じ日にやってもらい、道具の後片付けを一度で済ませます。また『○日には町内の盆踊り、○日にはおばあちゃん家』など、楽しい事がいつといつにあるから宿題を終わらせておこうと意識させます。また、日程をはっきりと決めずに『この週辺り、宿題が予定どおり進んでいるなら映画に行こう』と未定の話もすると宿題のやる気もアップです。

 我が家の子どもたちの1日のスケジュールや、宿題時間、お手伝い等の日常についてあまり参考にならないかもしれませんが、これが我が家の夏休みの過ごし方です。

最後までお読みいただきありがとうございます。
では、また。


にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村



追記>2018.8.26

夏休み中のお手伝いの一環として、子どもにソファのメンテナンスをしてもらいました。始めての事なのでパパと一緒に作業します。いつかくる自立のために、何でも経験させておきます。
f:id:setuyakukosodate:20180826201254j:plain