桜子のときどき節約たまに子育て

節約も子育ても無理なくマイペース、たまに起きる我が家の事件について綴っていきます

【お小遣い】小学生の平均額は我が家にはあてはまらない

f:id:setuyakukosodate:20180728232437j:plain
ご訪問ありがとうございます桜子です。

 最近の子供は高価な物を欲しがる事が多くありませんか?我が家の子供達も私の感覚では決して安いとは言えないゲームソフトやカードなどを欲しがります。


わが家は幼稚園の頃はお小遣いはありませんでした、当然です、欲しがることもありませんでした。そんな我が家の子供達がお小遣いをもらうようになったきっかけと、現在どのようにお小遣いで楽しんでいるかを綴っていきます。

お小遣いがほしい

 
お兄ちゃんが小学4年生の時に、
「みんなお小遣いもらってるよ、僕も欲しい」
と言いだしました。
お金の価値がよく分からないお兄ちゃんにお小遣いをあげることが不安だった私は、どうしてお小遣いが欲しいのか?理由を聞きました。答えは単純です、
「みんながもらってるから」と、よく聞くセリフをいいました。あまりにも他人軸なその答えにがっかりです。


次にみんなのもらっている金額を聞きますと
「5千円かな?1万円かな?」じつにあいまいな答えで、またまたがっかりです。


子どもを説得しようと、お金があると好きな物を自由に買える半面、事件やトラブルに巻き込まれる可能性がグッと高くなることを話し、お小遣いは中学生からあげるつもりでいたことを話しました。


何とか納得させようと私の経験談からお金の怖さ・危険を話して諦めるよう試みました。でも、お兄ちゃんは泣き出してしまい、それに負けて4年生からお小遣いをあげることになりました。

お小遣いの金額~平均額は気にしない~

 
金額は私の独断で決めました。1ヶ月1000円、夜20:30までに寝ることを条件につけました。もし、1分でも時間が遅くなると翌月のお小遣いは0円です。(イベントや習い事のある日はOK)楽々クリアできる条件だと思いましたが、4ヶ月に一度くらいお小遣い0円の月があります。

お小遣い0円救済措置

・誕生日小遣いとお年玉がもらえる
(満年齢×100円→何年生とか中学生だからなどで金額を設定すると私が忘れてしまうから)

・各学期末に学校で行われる漢字・計算コンクールで入賞するとお小遣いをもらえる
(漢字・計算コンクールは金賞1000円・銀賞500円・銅賞100円にボーナスポイント制度もあり、W金賞に限り1000円プラスです)
※弟くんは毎回W金賞なので3000円を手にします

お小遣いの管理

 
お小遣いの管理は、始めのうちは子供に全額渡してお小遣い帳をつけさせていましたが失敗したので、ダイニングにあるホワイトボードで管理します。
子供達の名前・預り金額を書いておき、引き出しは自由ですが私がいる時のみです。
使い道は、漫画・プラモデル・カードゲーム・ゲームソフト・長期休み中の映画代などです。

子供への親心

子供達にお小遣いの決め事を細かくした理由

・何でも欲しいものが簡単に手に入る経験を積んでほしくない
・普段から欲望のままにお金を使う経験を積んでほしくない
・欲しいものがある時は計画を立てて購入する
・お金は簡単に手に入らないことを知る
・お金を使うときは自分にとって本当に価値のある使い方をしてほしい

 
お小遣いは平均額を参考にすることもいいですし、それに倣って金額設定をすることもいいと思います。我が家の場合は毎日のおやつもあり、学校・習い事などで必要なものは全て買ってあげている中で今の形になりました。皆さんの参考になればいいのですが。

では、また。


ポチっと応援ボタンを押していただけたら嬉しいです
にほんブログ村 子育てブログ 男の子育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村