桜子のときどき節約たまに子育て

節約も子育ても無理なくマイペース、たまに起きる我が家の事件について綴っていきます

【子どもの歯の健康】守ってあげたい母心~口臭・黄ばみ対策~

f:id:setuyakukosodate:20180831063034j:plain

子どもの歯の健康って親として気を使いませんか?



甘いお菓子は避け、ジュースを飲む回数を減らし、歯磨きもしている。
小学校で毎年一回歯科検診は受けているし、加えて歯科医院での定期健診、フッ素塗布、毎日の仕上げ磨き、できる限りのケアはしていてもトラブルがおきます。


一般的に4~6歳で乳歯の虫歯がグッと増え、小学生は永久歯の生え変わり時期で虫歯は徐々に減り、永久歯が生えそろう中学生の虫歯羅漢率は、一端落ち着きます。

虫歯菌に感染させない


私は子どもの頃より虫歯で何度も通院し、痛い思いを経験しました。今でも定期健診は怠らず行っていますが、子どもの頃に治療した歯が再び痛むことも度々あります。


我が子には私のような歯の苦労をさせたくない一心で、できる限り虫歯菌に感染させないように赤ちゃんの頃より努めてきました。その結果、子ども二人とも小学生ですが、虫歯はありません。


人間の口は必ず何らかの菌に感染します。その間に気をつければ虫歯になりにくいと聞き実践したことがあります。

『生後18か月~30か月まで』

・食器や食べ物を子ども用と大人用に完全に分ける
 大皿料理や鍋や焼き肉などは取り箸、取りを徹底する

・熱い食べ物はフーフーしないでうちわを使って冷ます
  唾液がいちばんダメ

・おじいちゃんやおばあちゃんにも虫歯菌に感染しないための協力を頼む
 虫歯を全て治療済みの大人からでも虫歯菌は移ります

乳酸菌で口臭対策


赤ちゃんの頃より歯の健康に気を使い、虫歯ゼロの子どもたちですが、残念なことに口臭はあります。


小学校では歯の健康大賞を毎年もらい、虫歯は一本もないのにどうしてだろうと悩みました。舌磨きや洗口液を使ってみましたが、一時的なもので気休めです。


前々から乳酸菌が歯の健康に良いと聞いていたので、大人用歯磨き粉ですが乳酸菌配合の アバンビーズ を高学年の子どもに試しました。


子どもの歯磨き後、すぐに口臭チェックをしたら臭くない、寝ているときにそっと近づいて臭ってみても大丈夫、朝起きた時も大丈夫でした。

アバンビーズの良い点


うちの子どもたちはまだ小学生、乳歯から永久歯に生え変わる大切な時期です。
生えたての永久歯は柔らかくデリケートなので アバンビーズ 研磨剤が入ってなくていいです。
低発泡なのでダラダラと口から歯磨き剤がたれなくて磨きやすいです。


子どもの口臭に効果を感じたので私も同じ アバンビーズ ストロングミント味を使っています。磨いた後の歯がツルツルでさっぱりして気持ちがいいですし、マスクを付けても自分の口臭が気にならなくなりました。

アバンビーズの悪い点


歯磨き粉自体が柔らかく、歯ブラシに歯磨き粉をつけて置いておくとダラ~ッと垂れてしまいます。キャップの開け閉めはワンタッチではないですが、まぁ大丈夫です。


黄ばみ対策


私はコーヒーを一日に数回飲むので、歯の着色汚れが気になっていました。そんな時、定期健診で訪れた歯科医院で ブリリアントモア を勧められました。


お試しで購入して使い始めましたが、定期健診の後なので最初は効果はよく分かりませんでした。ですが、1ヶ月経っても歯の着色汚れが気になりません、効果が出ているようです。


子どもたちはコーヒーは飲みませんが、お茶やブドウジュースを好んでよく飲みます。知らず知らずのうちに歯に着色汚れがついていましたので、まだ小学生ですが子どもにも使ってみました。


コーヒーをたくさん飲む私よりも子どもの方が効果てき面です。ヘビースモーカーの主人は、あまり効果は感じないそうです。ヤニは頑固ですからね。


ブリリアントモアの良い点


スースーとした感じがなく辛くないので、子どもでも磨きやすいです。磨いた後は、歯の表面がツルツルして気持ちいいです。着色汚れが取れるので歯の印象が変わります。


仕上げ磨きもまだまだ必要な時期です。私が毎晩しますが、泡立ちも少ないのでしっかり磨いてあげられます。

ブリリアントモアの悪い点


歯磨き粉特有の爽快感が少なく、歯医者さんの石こう(白い詰め物)のような後味がします。ヤニ汚れには期待できません。歯医者さんでしか購入できません(ネットで購入可能)

さいごに


よく、歯磨き粉は気休めで、あってもなくてもかわらないよ、要はいかに上手にブラッシングをするかだよ、と聞きますがこの アバンビーズ ブリリアントモア を両方使ってみて、やっぱり歯磨き粉の効果ってすごいなと感じました。


子どもたちの歯の健康を見守ってあげられるのはあと数年です。子どもたちの歯にいいことは何でも試して、できる事は何でもしていきます。


やがて自立し、この家を巣立つ時が必ず訪れます。その時に、自分で歯の健康を維持できる大人になるよう願いを込めて。では、また。



にほんブログ村 子育てブログへ