桜子のときどき節約たまに子育て

節約も子育ても無理なくマイペース、たまに起きる我が家の事件について綴っていきます

【防災の日】いつか来るかもしれない地震のためにできる事

f:id:setuyakukosodate:20180831142318j:plain

今日9月1日は防災の日です。

台風、高潮、津波地震等の災害についての認識を深め、それらの災害に対処する心構えを準備するためとして、1960年に内閣の閣議了解により制定されました。また、1982年からは、9月1日の「防災の日」を含む1週間(8月30日から9月5日まで)が「防災週間」と定められています。


私が小学校の頃、2学期の始業式は集団下校をして、通学団の集合場所まで母がお迎えに来てくれました。自然に9/1は防災の日と覚え、意識しました。


うちの子どもたちの小学校では9月1日は集団下校はしますが、保護者による引き取り訓練はしません。毎年1学期が始まって落ち着いた頃の6月に引き取り訓練をします。


私の住んでいる愛知県は子どもの頃より「東海地震が来る」からと聞かされていましたが、いまだに地震は起きていません。学校でも職場でも避難訓練をしましたが、あまり現実味がないせいか、真剣に取り組んでいる人はわずかだったように思います。


阪神・淡路大震災以降、各地で大きな地震が起き、甚大な被害が相次いでいます。そのニュースや映像等を視聴するたびに自分だったら…と想像して心がつぶれそうになります。特に、子どもを産んでからはその思いがより一層大きくなります。


我が家の地震対策


南海トラフ巨大地震』はおきてほしくない、おきたら困りますが、その時に備えて私なりに出来ることをしています。

家具・家電の転倒防止

 

阪神・淡路大震災では家具の転倒による圧死が非常に多かったと聞きます。我が家では冷蔵庫、仏壇、タンス、を壁に固定してあります。

<冷蔵庫>
f:id:setuyakukosodate:20180831141055j:plain
完全に固定してしまうと冷蔵庫の下を掃除できなくなるため、私でも外せる物で固定しました。緑の布ベルトは100均で、金具はホームセンターで購入、費用は500円以内です。


<仏壇>
f:id:setuyakukosodate:20180831141157j:plain
仏壇に穴を開けることはためらいましたが、家族全員が寝ている和室なので、安全確保のために金具を着けました。ホームセンターで800円くらいでした。


<タンス>
f:id:setuyakukosodate:20180831141119j:plain 
タンス用の転倒防止グッズは色いろありますが、どれもお値段が高めなのでホームセンターで購入、500円以内です。


私の目線より高い所に物を置いたり飾ったりは極力さけていますが、絵画やフォトフレームは壁にかけてあります。万が一落下した時に被害が少なくなるように、ガラス板を外してプラスチックの板に替えました。

飲料水・食べ物の備蓄


飲料水は普段使いのもので十分ですが、少し多めにストックしてます。また、2リットルのお水は重すぎて持ち運びに困るので、500mlも準備してあります。


前は乾パンやカレーやお米など災害時の定番ばかり用意していましたが、賞味期限が切れて大量に処分することが多かったので、辞めました。


今は災害用の物でなく、普段から食べる乾めん、スぺゲッティ、インスタントラーメンやおやつがわりになるカロリーメイト (ビスケットみたいで子どものお気に入り)やフルーツの缶詰などを用意してます。災害時の備蓄は、ローリングストック法に限りますね。(『ローリング』=回転させながら『ストック』=蓄えておく 備蓄法 )


外出時に災害に遭うことも考えて、いつも持ち歩く私のカバンに常用薬1週間分と簡単な救急セットも入れてあります。(万が一家に帰れず避難先で過ごす場合、常用薬が手に入らないと聞いたので)

子どもたちへ避難所を伝える

 外出時に一人で災害に遭った時は、まず大人の人に声をかけて行動を共にしてもらうように話してあります。動けるようになったら大人の人と一緒に避難所に来るように伝えてあります。(小学生にもなると子どもだけで遊びに行くことも増えますので)

最後に

今日は防災の日です。一年間家族全員が無事であったことに感謝しながら、主食は備蓄の乾めんにして、おやつにカロリーメイト を食べ、食後のデザートにフルーツの缶詰を食べる予定です。来年もまた、家族そろって、同じ日が迎えられるように。では、また。


にほんブログ村 その他生活ブログへ