桜子のときどき節約たまに子育て

節約も子育ても無理なくマイペース、たまに起きる我が家の事件について綴っていきます

【水回り補修】築17年でバスタブからの水漏れ?

f:id:setuyakukosodate:20180909100247j:plain

お湯がこれだけ?
子ども達の後にお風呂に入ろうと湯船をみてびっくり!


バスタブの底から10cmほどのお湯だけです。
子ども達がたくさんお湯を使ったのかな?
いやいや、いつもと同じくらいのお湯の量が残っているはず、、、


だったら何で?
栓から水漏れ?


排水口のふたを開けて見ると
ポタッ、ポタッ、ポタッ、
落ちてる!?


まさか、栓から水が漏れるなんて想像もしていません。
築17年にもなると家のあちらこちらガタが来るのね、、、。


こんな時はパパに一声、家のちょこっとした補修はパパができる事が多いので、業者さんを呼ぶ前に声をかけます。


業者さんは足代やら何やらでちょっとした事でも結構高いことが多いんです。いざ、来てもらうと『ホコリですね』と言い、家電の一部を開けて掃除機でちょちょっと吸い込んで終了、はい6000円です、なんて事を子どもの頃に何度も経験しましたから。

 
私 :「パパ、ちょっとお風呂見て」

パパ:「あー、漏れてるね」
と言い、またゲームに戻ります。


私 :「・・・」
パパは面倒くさいようです。


そのまま何もしてくれず2日経過


私 :「パパ、私でも直せる?」
   「これでいいのかな?」 
といい、ネットの『風呂の栓』のページをパパに見てもらいます。


パパ:「ちょっと見せてみや~」
やっと重い腰を上げてくれました。


ここからはパパに丸投げです。我が家の風呂の栓をスケルで計って、リクシルのパーツショップ(水回り部品販売)で注文です。3日後宅急便で届き、2日放置して、週末に作業してくれました。

f:id:setuyakukosodate:20180909093449j:plain
本体価格+送料+代引き手数料 = 4,212円
これに、業者さんの手間賃と足代が入るといくらになったでしょうか?自分(パパ)でできる事やった方がいいですね。


f:id:setuyakukosodate:20180909093251j:plain
壊れた風呂の栓を外します


f:id:setuyakukosodate:20180909093339j:plain
新しい栓を取り付けます


わずか5分、終了です。
これでお湯を貯められます、1日の疲れを癒すバスタイム、やっと楽しめます。


家は経年でいろんなトラブルが生じます。巷では日本の家の寿命は基本的には30年と言われることが多いですが、その都度、適切な補修と修繕をすれば長く快適に住めます。我が家は築17年、これからもトラブルの連続だと思いますが、安易に業者さんに頼むのではなく、自分たちで出来ることは解決していきます。それが、節約にもつながると思います。では、また。


にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ